かぶせもの

かぶせもの

かぶせもので大切にしていること

患者様ご自身が治療を選択

審美性の高いものや長期安定性に優れたものなど、かぶせものの材質は様々です。保険のかぶせものは基本的にいわゆる銀歯となりますが、銀歯は目立つだけでなく汚れが残りやすいためむし歯が再発しやすい、歯周病が悪化しやすい、金属アレルギーの発症リスクがあるなど様々なデメリットがあります。
また部位によってはプラスティック製のかぶせものも保険適応があります、
保険のかぶせものは治療費が安いのがメリットですが、長い目で見て歯や人体に与える影響を考えると自費診療のほうがすぐれています。
当院では、患者様に双方のメリット・デメリットをご説明した上で、ご自身で納得して治療を選んでいただいております。

機能面から金のかぶせものを推奨

現在、かぶせものの自費診療では白いセラミックが人気となっていますが、当院では金合金のかぶせものを患者様におすすめしています。
金のかぶせものは、薄く精巧に加工できるため密着感が高く、かぶせものの中でむし歯が再発するリスクを最小限に抑えられます。
当初はセラミックを希望していても、院長の説明を聞いて、目立たない部分だけ金の入れ歯を入れられる方も多くいらっしゃいます。

歯科技工士と連携した高品質なかぶせもの

かぶせものを作るのは、歯科医師ではなく専門技術を持つ歯科技工士です。
歯科医師が歯型を採取し、外部のラボと呼ばれる歯科技工所に製作を依頼し、できあがったものを歯科医師が患者様に装着するのが一般的な流れです。
当院では、院長と古くから付き合いのある信頼のおける歯科技工士と連携をとっています。随時、情報を共有するだけでなく、時には歯科技工士に医院まで来てもらい、実際に患者様のお口の中を確認してもらうこともあります。
このようなきめ細やかな連携により、完成度の高いかぶせものを提供しています。

かぶせものについて

かぶせものについて

かぶせものには、保険診療と自費診療のものとがあり、使用する材料も仕上がりの精度もまったく異なります。
当院では、むし歯の再発リスクを抑える健康面を最重要視し金合金のかぶせものをおすすめしておりますが、お口の中の状態などに合わせ最も適したかぶせものを選択していただいております。

© 伊熊歯科