HOME > 当院は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です

当院は「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」です

かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所とは?

平成28年4月より新設された制度で、定められた厳しい基準を満たすことで厚生労働省から認可を受けることができた、地域包括ケア(地域完結型医療推進)を行う歯科医療機関のことです。
全国で認定を受けた歯科診療所は約10%です。患者さんに、生涯にわたり安心・安全な治療を提供することはもちろん、定期的なお口の検診や予防を行うことで、患者さんの健康に寄与することができると認められた歯科医院です。

当院は患者さんが一生涯お付き合いできるかかりつけ歯科医です

伊熊歯科は平成28年4月1日に厚生労働省から「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されました。
認定を受けることにより従来は保険診療ではできなかった治療を提供することが可能になりました。
その代表的なものとして、歯周病安定期治療とフッ素塗布があります。
歯周病安定期治療は歯周病治療終了後に歯科医院で定期的な清掃や歯石除去などを行いお口の健康を保つ治療です。

こういった治療は保険適応外になってしまうことがほとんどですが、認定を受けた歯科診療所では保険適応となります。
フッ素塗布は保険診療でも行うことが可能ですが、年齢やお口の状態、虫歯の数など多くの条件をクリアすることが必要になります。
認定を受けた歯科診療所では年齢は問われず、初期う蝕がある状態であれば保険診療でフッ素塗布が可能となります。


歯周病安定期治療(SPT)について

痛くなる前に歯と体の環境を守りましょう
歯周病治療終了後に歯科医院で 定期的な清掃や歯石除去などを行いお口の健康を保つ治療です。
「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」でのみ行うことが出来ます。

どのようなことをするの?

  • 歯周病の状態をチェック
  • お口の状態にあった歯ブラシ指導
  • 汚れ(プラーク)、着色(ステイン)、歯石の除去
  • 専門家による歯の研磨
  • お口の中の記録写真撮影...など

それぞれのお口の状態に合わせて、担当の衛生士が治療を行います

歯周病安定期治療(SPT)のメリット

歯周病安定期治療を毎月行うと

  • 歯周病の重症化を未然に防ぐことが出来る
  • 虫歯や口の中の異常にすぐ気が付ける
  • 自分でお口の管理(ブラッシング)が上手にできるようになり、健康なお口の状態を保てる
  • おいしく食事ができるようになり、その結果、体全体が健康になる

などのメリットがあります。

費用はどのくらい?

歯の数によって変わりますが、目安は

20本以上 約3,200円
10~19本 約2,600円
10本未満 約2,000円

となります。(自己負担率3割の場合)
保険外で行った場合の相場は1万円前後です。

その他注意点など

  • 保険の制度上、月に一回の治療が必要です。そのため、キャンセルなどで期間が開いてしまうと、初診からの治療になってしまうことがあります。
  • 保険診療で歯周基本治療を終了した方のみ行うことが出来ます。
  • 次回予約までの期間が長くあいてしまいますので、次回診察日の前にご連絡させていただいております。

フッ素ケアについて

虫歯になりにくい健康で強い歯へ
当院では虫歯予防の観点からフッ素ケアを推奨しています。フッ素ケアとはフッ素を使用して歯を丈夫にし、虫歯になりにくくする予防法の一種です。
一般的に子供に行う予防法と思われがちですが、大人の方にも非常に有効な予防法です。

フッ素ケアは安全?

安全です。
フッ素はお肉や魚、野菜などのほか、水や土にも含まれる天然の成分です。
歯科で使うフッ素はフッ素化合物と呼ばれる化学物質で、安全な量を適正に使用しています。

ヨーロッパやアメリカなどの、虫歯予防の先進国では子供から大人まで行われている予防法です。

どんな効果があるの?

  1. 初期の虫歯を治します。虫歯の酸で溶け始めた歯を、再び硬い歯に戻します。
  2. 歯を強くします。歯の表面の成分と結合し、硬い構造に変わります。その結果、虫歯の酸で溶けにくい歯になります。
  3. 虫歯菌の活動を抑制します。虫歯菌の出した酸によって歯は溶かされます。フッ素ケアを行うと虫歯菌の活動が抑制され、酸の産生量が少なくなり虫歯を予防します。

歯が生えたら?

乳歯や永久歯が萌出し始めたらすぐに行いましょう。乳歯は永久歯と違い、歯が溶けやすく虫歯の進行が早いので早めのフッ素ケアをお勧めします。

治療が苦手なお子さんは、フッ素ケアで虫歯の進行を抑え、お口の中を触れられることに慣れてから治療を行いましょう。

また、生えたての永久歯も表面が弱く虫歯になりやすい状態です。 
一生使う歯ですから、虫歯にならないようにフッ素ケアで守りましょう。

大人にもフッ素は重要です

大人になると、不規則な生活や歯科治療などにより2次むし歯(治療済の歯が再度むし歯になる)になりやすく、むし歯リスクが高くなることがあります。
また年齢が進むにつれ、歯周病により歯茎が下がってしまい、セメント質とよばれる表面が弱い部分が露出し、むし歯になりやすくなります。

フッ素配合ハミガキ剤を使うと歯の根元のむし歯を67%も抑制可能という結果もでています。
フッ素ケアは大人の方にも非常に有効な予防方法なのです。

どんな方法があるの?

家で行えるものは、フッ素配合歯磨き剤を使用したブラッシングと、フッ化物洗口剤を使用したブクブクうがいがあります。
診療所では、医療機関専用の少し濃度の高いお薬を歯に塗る歯面塗布を行います。
詳しくは歯科医師、歯科衛生士までお尋ねください。


  • 診療案内
  • 診療の流れ
  • 院内紹介
  • アクセス

このページのトップへ