入れ歯

入れ歯

入れ歯で大切にしていること

歯科技工士との連携による精巧な入れ歯

入れ歯は歯科医師が採取した歯型をもとに、歯科技工士が製作します。
通常の保険治療の入れ歯は歯科技工士が多数在籍するラボへの発注となり製作を行います。
当院では、確かな技術を持つ信頼のおける歯科技工士と綿密な連携体制をとって製作を行う入れ歯もご用意しております。
製作過程で何度もディスカッションを重ね、安定性、装着感、噛みやすさの向上などあらゆる観点から精度を極限まで高めた高品質な入れ歯を製作しています。

残った歯を守れる入れ歯のご提案

当院では、保険診療による治療の提供を基本としておりますが、入れ歯に関しては入れ歯の骨組みが金属でできている「金属床義歯」を推奨しています。
保険の入れ歯はプラスチックの部分が多く柔らかくしなるため入れ歯が安定しません。安定しない入れ歯は残っている歯に大きな負担をかけてしまい、残った歯の寿命が短くなってしまうことがあります。
骨組みに金属を多く使うことで入れ歯が硬くなりしなりがなくなるため安定し、残った歯にかかる負担が少なくなります。「金属床義歯」を使用することで、残った歯の寿命を守ることができるという大きなメリットを生むことができます。

歯を支える入れ歯という発想

当院では世界でも屈指の技術力を誇る歯科技工士、川島哲氏が開発した部分入れ歯「TKデンチャー」を採用しています。
TKデンチャーは入れ歯の設計をすべて数値化し誤差のない精密で製作された入れ歯です。
一般的な部分入れ歯のように、健康な歯が入れ歯を支えるのではなく、TKデンチャーでは逆に、ぴったりフィットしてぐらつかない部分入れ歯が、ギプスのように周囲の歯を支えて歯の寿命を延ばします。さらに、保険の入れ歯に比べて、軽くて薄くて小さくて壊れにくく、装着がしやすいのに外れないといった多くのメリットがあります。
なおこの技術は、保険の入れ歯においても応用ができるため、当院で提供する部分入れ歯は患者様の満足度が非常に高いものとなっています。

入れ歯について

入れ歯について

入れ歯には、部分入れ歯と総入れ歯があり、それぞれ、保険診療でできるものと、自費診療のものとがあります。
単に材質の違いだけではなく、自費の入れ歯は保険の入れ歯に比べて工程をいくつも増やして精密に作ることができるため、患者様が長く快適に使い続けることができます。

当院で提供している部分入れ歯

  1. 保険の入れ歯
    歯科用プラスチック素材を多く使用した入れ歯です。金属のバネで固定します。
  2. ノンクラスプデンチャー
    柔らかく軽い素材でできた、金属の留め具を使わない部分入れ歯です。
  3. 金属床
    入れ歯の骨組みに金属を使用して密着感、安定感を高めた入れ歯です。
  4. TKデンチャー
    著名な歯科技工士、川島哲氏が開発した技術による精巧な部分入れ歯です。

当院で提供している総入れ歯

  1. 保険の入れ歯 歯科用プラスチック素材でできた一般的な入れ歯です。
  2. 金属床
    入れ歯の骨組みに金属を使用して密着感、安定感を高めた入れ歯です。
    金属を多く使っているため大変薄く違和感が少なく、熱を感じることができるため食事が美味しく感じることができます。

© 伊熊歯科