予防歯科

予防歯科

予防歯科で大切にしていること

治療の必要がないお口を目指す

治療の必要がないお口を目指す

予防目的の検診で来られて、特に問題がない場合は口腔内をクリーニングし、現在の状態を維持できるようサポートします。
むし歯や歯周病の治療においては、再発を防ぐことを第一に考えて治療しています。その際、噛み合わせを含めたお口全体の健康を必ずチェックし、必要に応じてかぶせ物や入れ歯、矯正、インプラントなどの治療をご提案いたします。
総合的な歯科治療の提供により治療後の良好な状態を長く保ち、今後、治療する必要がないお口をつくることを目指しています。

フッ素ケアで強い歯に

当院では、むし歯予防の観点から、フッ素ケアを推奨しています。患者様に定期的にお越しいただき、歯を丈夫にし、むし歯になりにくくするフッ素を塗布します。
フッ素ケアは、子どもに行うものというイメージがあるかもしれませんが、大人の方にも非常に有効なむし歯の予防法です。年々歯茎が下がり歯のむし歯に対する抵抗力が弱い部分が露出してきます。そういった歯の部分をむし歯から守るためにも有効です。
またフッ素は、歯の再石灰化を促す働きもあるため、初期のむし歯の治療にも有効です。

歯周病治療後の定期ケアによる予防

通常、歯石除去など歯科医院での歯の丁寧なクリーニングは、自費診療となります。
当院は、厚生労働省から「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」に認定されており、歯周病治療が終了した方に、定期的な清掃や歯石除去などを行う「歯周病安定期治療(SPT)」を保険適用で提供することができます。
この歯周病安定期治療により、歯垢(プラーク)や歯石のない清潔なお口を保つことができ、むし歯や歯周病を予防することができます。

予防歯科が大切な理由

早期発見・早期治療が可能

早期発見・早期治療が可能

定期検診で予防歯科に取り組むことで、早い段階でむし歯や歯周病を発見することができます。また、むし歯や歯周病が進行してしまう前に適切な早期治療ができます。

通院回数が減る

予防のための定期検診は、数ヶ月に1回か2回で済みます。一方、定期検診を受けずに症状が進行してからの治療では、2~3週間に1回を目安に、数回にわたり通院する必要があります。

歯の寿命が延びる

むし歯治療で歯を削るたびに、歯はダメージを受けます。予防歯科で歯の健康にしっかり注意していくことで、年齢を重ねても健康な歯が残るようにすることができます。

治療費が抑えられる

仮にむし歯などになったとしても、定期検診を受けていれば早期の段階で発見することができます。そのため大がかりな治療にならず、結果的に治療費を抑えることができます。

© 伊熊歯科