インプラント

インプラント

インプラントで大切にしていること

残った歯の健康を守るために

インプラントは、失った歯を取り戻せる治療として、ブリッジや入れ歯と並んで選択肢に挙げられる治療です。顎の骨にインプラントを埋め込んでその上に義歯を被せるため、自分の歯のようにしっかり噛めることが特長です。
インプラントは、ブリッジのように残っている健康な歯を削ったり、入れ歯のように安定させる装置を付けたりする必要がありません。残存歯への負担が少ないことこそ、インプラント治療の最大のメリットだと当院は考えています。

安全で早く確実な埋入手術

インプラントに興味はあっても、インプラントを顎の骨に埋め込む外科手術が不安だという患者様は大変多くいらっしゃいます。
当院では、事前にコンピュータ上でインプラントの埋入位置や埋入深度、角度などを綿密に設計し、その通りに手術を行える「ガイデッドサージェリーシステム」を導入しています。このシステムにより、安全かつ確実に、そして1本約15~20分とスピーディに埋入手術を終えることができ、患者様のご負担を軽減しています。
また、低侵襲な手術を行うことが可能であるため手術後の痛みや腫れがほとんどなく、多くの患者様に「抜歯より楽だった」と言っていただいています。

大学病院や他医療機関との連携

患者様に最適な治療を提供するために、当院では特に外科手術をともなうインプラントに際し、「無理をしない」ことを心がけています。
インプラントに関して、当院で対応できるかどうか判断が難しい症例に対しては、提携先の医療機関をご紹介いたします。場合によっては、提携している大学病院の医師に当院へ来ていただき、当院で治療を行うこともあります。

こんな方にインプラントをおすすめします

こんな方にインプラントをおすすめします
  • しっかり噛みたい
  • 健康な歯を削りたくない
  • 残っている歯に負担をかけたくない
  • 1本だけ歯がない

インプラントについて

インプラントとは、抜けてしまった歯の部分にインプラント(人工歯根)を埋め込み、その上にかぶせ物を取り付ける治療法です。

インプラントのメリット

  • 見た目が自然
  • 自分の歯のようにしっかりと噛める
  • 天然歯と同じように歯磨きができる
  • 治療の際に歯をほぼ削らない
  • ブリッジや義歯と比較し違和感が小さい
  • 残存歯への負担を軽減できる

インプラントのデメリット

  • 健康保険の適応がない
  • 歯周炎のリスクが天然歯と比較するとやや高い
  • 状態によっては治療困難であることがある

© 伊熊歯科